AQUA LABYRINTH BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺の妹がこんなに可愛いわけがない

<<   作成日時 : 2009/03/19 21:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 1巻、2巻続けて読了。
 思えば、「ツンデレ」という言葉が一般に浸透すると時を同じくして、現代日本にはぬるいツンデレ娘が跋扈することとなった。右を向いても左を向いてもツンデレ。複数ヒロインが登場するエロゲで、ツンデレ娘のいない作品を探すのが難しいほどである。「べ、別にアンタの為じゃないんだからね!」と一言付言すればツンデレ認定される世相。それが悪いとは言わない。だが、心のどこかで満ち足りない想いを抱えている諸兄も多いはずだ。
 本作品には、そんな似非とは一線を画する「ツン」な妹がここには存在する。主人公の妹・桐乃は、才媛である。中学生である彼女は、本業の学問では県で五本の指に入り、所属する陸上部では大会に入賞し、美貌を生かして雑誌のモデルまでこなす。唯一点、人には言えない趣味があるのだが、それを知る者もなく、クラス内での人望も厚い。だが、そんな彼女の兄への第一次的応答は「ハァ?」。それに続く言葉は非礼にして傍若無人。自分の持ち物を兄に触られるだけでも嫌悪感を示す。パッと見、デレ要素は見受けられない。
 実際、途中までははっきり言って胸糞が悪かった。が、やがて読者は「ツンデレ」の根本原理に立ち返ることになる。彼女がここまで「ツン」な自分を曝け出すことが出来るのは自分に対してだけ。即ち、自分は彼女にとって特別な存在だからこそではないか…。ツン即是デレ。デレ即是ツン。般若心経みたいだが、これが腑に落ちると桐乃は本当に可愛くなる。クライマックスは、彼女が自分の本当の気持ちを搾り出す部分。文庫本一冊の中でわずか数行ほどだが、それだけに三十路のオッサンをのた打ち回らせる破壊力があった。来月には3巻も発売される。お勧めです。


俺の妹がこんなに可愛いわけがない (電撃文庫)
アスキーメディアワークス
伏見 つかさ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
俺の妹がこんなに可愛いわけがない AQUA LABYRINTH BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる