AQUA LABYRINTH BLOG

アクセスカウンタ

zoom RSS けいおん!LIVE Let's go!@横浜アリーナ

<<   作成日時 : 2009/12/30 22:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

 Cagayake!KIMOWOTA

 というわけで、以前のエントリでも報告したように、和泉さんは幸運にもけいおん!ライブのチケットをゲットすることが出来、これがここ一月半ほどのほとんど唯一の生きる希望となっていたのである。
 ビッグサイトからいったんホテルへ戻って身支度を調えてから、チケットとサイリウムを握りしめ、電車を乗り継いで一路横浜アリーナへ。開演1時間前の16時ころに会場に到着したのだが、すでにほとんどのイベント限定グッズは売り切れていた。とりあえずパンフレットだけは買ってスタンドに陣取る。
 スタンドでは、まさかの最後方の席だったのだが、前方のスタンド席やアリーナ部分を一望でき、意外と悪くない印象。あと、自分の後ろには人がいないので、軽く飛び跳ねる程度には迷惑がかからない、荷物を置ける場所が広いなどという地味な利点もあった。
 予定の17時をいくらか回ったところで、放課後ティータイムが登場し、「Cagayake!GIRLS」でライブ幕開け。客席からの地鳴りのような歓声と、無数のサイリウムの輝きはすさまじく、当然のように1曲目からオールスタンディング状態。俺もTシャツ1枚になり、サイリウムを振り回し始める。その後は挨拶を挟んで、唯/豊崎愛生「ギー太に首ったけ」・澪/日笠陽子「Heart Goes Boom!!」・律/佐藤聡美「Girly Storm 疾走 Stick」・ムギ/寿美菜子「Dear My Keys 〜鍵盤の魔法〜」・梓/竹達彩奈「じゃじゃ馬Way To Go」とソロ曲が続いた。もともとムギ派ということもあるが、それ以上に「Dear My Keys」は楽曲自体好きなので楽しみにしていたところ、寿美菜子は高校生とは思えない落ち着きでしっかりと歌い上げてくれた。はぁはぁ、美菜子可愛いよ美菜子。
 そして、一通り放課後ティータイムのメンバーが歌い終わった後、さわちゃん/真田アサミ(黒歴史Ver.)登場。つーか、真田アサミすげえええええ!!アニメ版の仮面かぶった魔王の衣装で登場→ヘソ出しヘビメタ風衣装へとチェンジし、CDのあのままの声でMaddy Candyを歌うというか、シャウト。目は行っちゃってるわ、ヘドバンかますわ、しまいには歯ギターし始めるわで、一人で美味しいところをもっていってしまった。会場の熱も最高にヒートアップ。
 さわちゃんがざわめきの中、満足げにステージから降りると、入れ替わりに再び放課後ティータイムがステージに上がり、憂/米澤円と和/藤東知夏を呼び込む。更には、早着替えを終えたさわちゃん(先生Ver.)も加わって、コール&レスポンス。
 その後は憂「Lovely Sister LOVE」と和「Coolly Hotty Tension Hi!!」が一曲ずつ披露した後、出演者全員によるショートドラマへ。内容は、放課後ティータイムというバンド名を変えようか相談するというもの。アニメ同様、ムギのほんわかなボケとさわちゃんのデンジャラスなかき回しっぷりが絶妙だった。ショートドラマの最後に「放課後ティータイムの演奏が始まります」というアナウンスが入ってまた放課後ティータイムの曲披露へと戻る。
 「カレーのちライス」「ふでペン〜ボールペン〜」の後は、いよいよメンバーによる生演奏。楽しみにはしていたモノの、実際聞くとなると、失敗しないかハラハラして気が気でないw。案の定というべきか、1曲目の「わたしの恋はホッチキス」では痛恨のギターのミスで演奏が一旦停止。しかし、心配げな客席の様子を見て取ったか、すかさずさわちゃんがステージに上がり、「しっかりしなさい!」とフォロー。さすが先生つーか大舞台を踏んできたアサ姉だぜ。(←この段階で、和泉さんの涙腺は早くも緩み始めるwww)
 気を取り直したメンバーは、多少のミスはありながらも「わたしの恋はホッチキス」を何とか最後まで演奏し、続いて名曲「ふわふわ時間」も大過なく演ってくれた。演者の「頑張ってます!」という雰囲気がダイレクトに伝わってきて、こっちのテンションも上がり、客席からも「ふわふわターィム!」の大合唱。ライブでこんなにハラハラドキドキしたのも初めてだけど、その分、感動もでかかった。
 演奏を終えた放課後ティータイムは、いったん締めて舞台から引っ込む。客席からは、引っ込むや否や「アンコール」の大合唱。程なくして戻ってきた放課後ティータイムは、いよいよ神曲「Don't say “lazy”」へ。ライブでこの曲はマジで来る。体のあちこちで鳥肌が立つのがリアルに感じられた。(←この段階で、声の枯らし過ぎとサイリウムの振り回しすぎで、和泉さんの喉と腱鞘炎とがヤバくなる)
 そして、一息ついた後、唯から「重大発表」のお知らせ。まさか、と期待を込めて聞いていると…「けいおん!」第2期発表キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!さわちゃんの「Maddy Candy」と並び、会場の温度が一番上がったのはこの瞬間では無かろうか。PVの見せ方と言い、ファン心理を手玉にとられてる気がして悔しいくらいである。(←ちなみに、この段階で和泉さんの全身の鳥肌率が100%となり、涙腺が決壊する)
 会場の興奮冷めやらぬままに、曲は再び「Cagayake!GIRLS」へ。「ワッショイ!」だの「Here We Go!」だのという大歓声の中、演奏後にもう一度ステージを締めて放課後ティータイムは引っ込む…のはお約束で、客席からは「もう1回!」の再アンコール。俺もぐしゃぐしゃになった顔で何か叫んでた気がするが、あまり記憶にないw
 またまた戻ってきたメンバーは、それまでのステージ衣装を脱ぎ、全員ライブTシャツ姿に。ここで一人一人から会場のみんなにメッセージが伝えられる。が、唯とさわちゃん以外のメンバーは、何故か号泣で言葉にならない。おまいら大げさだなw、たかがライブが成功したくらいで泣くなよwww…あれ、おぢちゃんの目からも何か汗が出て止まらないよ!?いや、特に放課後ティータイムの面々は、(失礼ながら)それほど長いキャリアもないのに横アリというどでかい舞台に立たされて、楽器まで弾かされて大変だったと思う。失敗もあったけど、それを最後までやりきったというのは本当にすごい。俺より10歳前後若くて、中には高校生なんかもいて、そんな子らがまっすぐに頑張ってるのを見ると、おぢちゃんも頑張らなきゃなあって思えたんだわ。
 最後は、全員で「レッツゴー」の大合唱。演者全員がステージで飛び回って、本当に楽しかった。自分に筆力がなく、十分に伝えられないのが恨めしいが、今回のライブは、これまでに行った全てのライブの中でも一、二を争うほど素晴らしかった。演者の多くが経験に乏しく、つたない部分も多々あったが、それだけに一生懸命やっている感がすごく伝わってきて、素直に心揺さぶられた。「けいおん!」第2期があるということで、また来年もライブを打ってくれることを切望している。つーか、次は大阪でもやってくれ!

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今思い出したです。
そういえば、帰省した時、弟が「けいおんライブに行った」などと言ってた。
…もし機会があれば、仲良くしてやってください。
戦友1号
2010/01/04 22:48
おお、気付かぬうちに弟さんと「ふわふわターィム♪」を合唱していたんですね。つーか、戦友1号さんの家はそういうDNAですか!?ww弟さんとも是非お近づきになりたいと思います。
和泉
2010/01/05 21:17
弟は大学でバンド組んで、アニメタルとかやってたらしいです。
絶対音感の持ち主(唯ほどじゃないけど)なので、私よりずっと上手いです。
夏にはちと声かけて見ます。
戦友1号
2010/01/07 22:53
本格的ですねw
機会がありましたらよろしくお願いします。
和泉
2010/01/11 16:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
けいおん!LIVE Let's go!@横浜アリーナ AQUA LABYRINTH BLOG/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる